CRAリング終焉ノ刻 FPW | 確定系が出ないと本当に当たるかわからん

へそ釘の開きはちょいとあるけど周辺がちょいマイナスあるかなという台。当たりが少ないなと思って履歴見ると300や400ハマり食らって下降線だった。

今回はCRAリング終焉ノ刻 FPW。へそ釘の開きはちょいとあるけど周辺がちょいマイナスあるかなという台。

当たりが少ないなと思って履歴見ると300や400ハマり食らって下降線だった。回転すればと思ってちょっと打ってみると、まぁまぁ良い。

これならと思ってたら早めに当たり。これが7図柄で確変に。これが前半ので当たり2連。しかし、まったくリーチにならず抜ける。

抜け後70回転ほどで当たり、これまた7図柄になるもリーチすら来なく抜ける。その後、回転も良いので追うけど保留玉した辺りの赤系が何度か来るも当たらずという感じでのまれ終了にした。

最悪なのはデンジャー音や柄が出て疑似も続いて回転ボタンでハズレとか。甘何だから当たろうよってな展開のを外すこと多々なところが、この台の嫌いなところか。確定系が出ないと本当に当たるかわからんよな。

.